よくあるご質問

公社会員になるには?

利用会員(公社サービス利用者)と賛助会員(公社サービス利用はしていないが、公社事業に賛同してもらえる方)があり,いずれも個人の方は一口1,000円、団体の方は一口10,000円となります。公社代表電話(32-3122)又は、公社職員へお問い合わせください。

公社会員の継続方法は?

会員期間は年度単位です。新年度の会員継続は年度更新となるため、3月下旬頃にご案内に納付書を添えてお送りします。

紙おむつ給付・宅配サービスを受けるには?

ご担当のケアマネジャー又は、お住まいの地域の高齢者生活支援センターにお申し込みください。お申し込みの際、公社会員にご加入ください。

訪問介護・訪問看護・デイサービスの利用料の支払い方法は?

取扱銀行は、ゆうちょ銀行のみとなります。自動引落し又は、ゆうちょ銀行専用の振込用紙にてお振込みください。
※振込手数料は公社負担です。

精道高齢者生活支援センターの職員は芦屋市の職員さんなのですか?

職員は「芦屋ハートフル福祉公社」の職員です。

精道高齢者生活支援センター(精道地域包括支援センター)の設置主体は芦屋市ですが、運営を委託することができます。その運営の委託を受けているのが芦屋ハートフル福祉公社となりますので、センターで業務をしているのは芦屋ハートフル福祉公社の職員です。

 

参考URL:芦屋市地域包括支援センター設置及び運営に関する要綱

http://www1.g-reiki.net/ashiya/reiki_honbun/n700RG00001050.html